<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

城南地区
株式会社アクトインフォメーションサービス

株式会社アクトインフォメーションサービス 「明るく楽しく元気よく」を合言葉に 顧客の期待に応える業務システムを提供し続ける

株式会社アクトインフォメーションサービス

「明るく楽しく元気よく」を合言葉に 顧客の期待に応える業務システムを提供し続ける

act-inf
東京カイシャハッケン伝!企業
城南地区

株式会社アクトインフォメーションサービス

「明るく楽しく元気よく」を合言葉に 顧客の期待に応える業務システムを提供し続ける

main_act-inf

「明るく楽しく元気よく」を合言葉に顧客の期待に応える業務システムを提供し続ける

設立から30年以上、企業活動の根幹に関わる業務システムの開発・保守に携わってきたアクトインフォメーションサービス。顧客の信頼を得るにはコミュニケーションが何より大切との考えに基づき、社員が議論して作る働きやすい環境整備や活発な社員交流、そして、充実した人材育成に取り組む。

確かな技術と対話力で 顧客との信頼関係を深める

 現代の企業活動に欠かせない情報システムの分析・プランニングから開発・保守を行うアクトインフォメーションサービス。10万人もの従業員を抱える大手電気メーカーを顧客として、販売、物流、人事・給与、入退室管理といった約30種類にも及ぶシステムを手掛けてきた。
企業の根幹を支えるシステムの開発から保守まで一貫して担うため、使いやすく、不具合を起こさないことに注力し顧客の信頼を得てきた。
 「高品質なシステムを実現するために、顧客の業務内容や製品知識に精通しておくことはもちろん、日ごろから顧客の要望をつかみ、使いやすさと開発後の不具合の削減にも、社員全員で徹底して取り組んできました」(山崎社長)
 更に、「明るく楽しく元気よく」をスローガンに掲げ、顧客とのコミュニケーションを重視してきたと山崎社長。円滑なコミュニケーション能力を養おうと、社員の挨拶や会話力の向上にも努めてきた。
 「仕事は人が人に依頼するもの。気持ちの良い挨拶や相手の趣味に関心を持つなど楽しく話をして、初めて『次はこれもやってほしい』と依頼につながると考えています」

body1-1.jpg「社員一人ひとりが個性を発揮し、楽しみながら働き続けられる職場にしたい」と山崎社長

習熟度に合わせて学び IT知識ゼロでも安心して成長

 同社では新人の技術力向上にも力を入れ、入社後、6カ月に及ぶ技術研修期間を設けている。前半の3カ月は社外研修に参加して、コンピュータ、ネットワーク、データベースなどの基本を学び、後半の3カ月で技術系の社内研修を行っている。
 「前半の研修は集合型のため習熟度に差が生じます。そこで後半の研修では個人指導型で技術の定着を目指します」(山崎社長)
 社内研修では、新人2、3名に対して1名の先輩エンジニアが指導につき、各自の進み具合に合わせて課題に取り組む。手厚い支援体制がとれるのも顧客企業の信頼を得て、現場を離れる理解が得られるからこそと山崎社長は胸を張る。
 「自分に合ったペースで基礎をしっかり身に付けることができました」と話すのは、文系出身で入社6年目、システム部の齊藤さん。同社では文系出身者が7割を占めるが、手厚い研修制度でエンジニアとしての知識と技術を身に付け現場で活躍している。齊藤さんは人事系システムの設計からテストまでを任されている。
 「多くの人が使うシステムですから責任は大きく、緊張しながらも、エンジニアとしての成長を感じています。今後はお客様からの厚い信頼を得て、なくてはならない存在になることが目標です。」(齊藤さん)

body2-1.jpg「未経験でも自分のペースで学べて基礎をしっかり固められました」と齊藤さん

全社員で雇用環境について 議論し改善に取り組む

 多くのエンジニアは顧客先で業務に当たるが、月に2日は帰社し、社内会議に参加。会議では業務に関する情報共有だけでなく、働きやすい環境づくりについて社員間で議論する。
 「残業削減、休暇取得、子育て支援、女性のキャリアアップ、障がい者雇用などの話題も挙がります。社員自ら、自分たちが望む職場環境について考える機会になっています」(山崎代表)
ただ議論が交わされるだけではなく、社員有志によってチームが結成されることもある。例えば、残業削減に取り組むチームは社員の勤務記録を踏まえて声掛けを実施。残業時間は大幅に減り、定時で退社する社員が多く見られるようになったという。
 更にボウリング、バーベキュー大会、社員旅行などの社内イベントも活発。システム部、入社9年目の秋葉さんは社内の雰囲気をこう話す。
 「業務終了後は先輩後輩の垣根なく飲み会をしたり、休日にも集まってフットサルを楽しんだりしています」
オンもオフも楽しく過ごせる同僚の存在が同社で働き続けるモチベーションになっていると秋葉さん。風通しの良い環境でいきいき働く社員の姿勢を顧客満足につなげたいと山崎社長は語る。

body3-1.jpg全員出社日に顔を合わせることで会社への帰属意識がより高まるという

ここがポイント!働くやりがい!

技術を養いながら、システムが使われる現場を体験できる


 同社が携わるシステムは、企業の製造、販売、人事、財務会計と部門を横断する。そのため、幅広い分野で開発力を磨き、業務知識を蓄えることができる。現場へ出て先輩社員にフォローしてもらいながら、多岐にわたる知識や技術を吸収し、日々こなせる業務が増えることで成長を実感できると若手社員は口をそろえる。更に開発後の保守にも携わることで実際に多くの人に使われ、役立っている様子を目の当たりにできることがモチベーションにつながっている。

edit-1.jpg5年勤続の社員は6泊8日のアメリカ旅行に参加して、交流を深める
  • 社名:株式会社アクトインフォメーションサービス
  • 設立年・創業年:設立年1983年4月
  • 資本金:3,000万円
  • 代表者名:代表取締役社長 山崎 弘之
  • 従業員数:89名(内、女性従業員数20名)
  • 所在地:108-0014 東京都港区芝4-12-2クロスサイド田町ビル9F
  • TEL:03-5427-2525
  • URL:http://www.act-inf.co.jp
  • 採用情報:ホームページよりお問い合わせください

この企業もオススメ!

ヴァイタル・インフォメーション株式会社先輩が後輩を一流のエンジニアに育て 情報システムの企画から運用までを担う
キャスレーコンサルティング株式会社柔軟な働き方で社員を後押し。社会を支える システム開発で「社会課題」の解決に挑む
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。