<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

城東地区
協和物産株式会社

協和物産株式会社 仲間と共に学び、幅広い知識を身に付け、スピーディーな配送で外食産業を支える

協和物産株式会社

仲間と共に学び、幅広い知識を身に付け、スピーディーな配送で外食産業を支える

kyowabussan
東京カイシャハッケン伝!企業
城東地区

協和物産株式会社

仲間と共に学び、幅広い知識を身に付け、スピーディーな配送で外食産業を支える

main_kyowabussan

仲間と共に学び、幅広い知識を身に付け、スピーディーな配送で外食産業を支える

<3つの特徴>

●飲食店を対象にした業務用食品の総合商社
●常に改善を行い、働きやすい環境を実現
●勉強会や研修を通して提案力を高める

自社物流で顧客のニーズに 迅速に対応する

 1972年設立の協和物産は、食材や調味料、酒類などの業務用食品を中心に、厨房内の消耗品まで販売を手掛ける総合商社。取扱商品は、1万2,000点に及び、顧客は和洋中のレストラン、居酒屋、カフェ、社員食堂、ホテル、病院など幅広く、23区を中心に1都3県に直接、商品を配送している。
 「当社は外食産業と共に成長してきました。こだわっているのは、物流を倉庫会社や運送会社などの外部に委託せず、自社で行っている点。自社倉庫から配送することでお客様にスピーディーに商品をお届けすることができますし、毎日、社員が直接、お客様に商品を届けることでお客様のニーズを的確に把握できます」
 顧客第一の姿勢をそう説明するのは、村野代表。細やかな対応で顧客のニーズを的確に捉え、その信頼の証しとして、実績顧客からの紹介だけで取引先を増やし、現在では2,500件を超える顧客を抱えている。
 同社ではオリジナル商品の開発も積極的に推進している。その代表例が、農家と提携したオリジナル米や、自社オリジナルのブレンドコーヒー。こちらの手応えも確かで、今後も商品群を広げていくという。
 さらにECサイトの開設も視野に入れたビジネスにも進出。対象はこれまで接点のなかった一般消費者という。
 「当社が商品を納めているお客様の店舗の人気メニューを当社でブランド化し、商品として販売することで、店舗に足を運んでもらえるきっかけになる。そんなサイトづくりをしたいと考えています」(村野代表)
 こうした取組を積極的に進めながら、今後も外食産業の発展に貢献していきたいと村野代表は意欲を見せる。

body1-1.jpg同社では、社員が自主的に生産性の向上を図る取組を推進。柳主任も定期的な営業ミーティングの開催を部内で進言し、実現している

業務の改善で、全ての職種が 働きやすい環境を目指す

 同社では、配送担当、営業担当、商品担当などの職種が連携しながら業務に当たっている。その中で、毎日、顧客と接しながらきめ細やかな対応をするのが、配送担当のセールスドライバー。同社の強みである顧客との信頼関係構築を担うキーパーソンとして、日々多くの顧客と接するため、業務時間の効率化に課題があった。
 そこで、ウェブでの受発注システムの導入や人員の増加を図るとともに、綿密なタイムテーブルを作成し、分散して出荷作業を行う仕組みを導入。また、出荷する商品を集めるピッキング作業を別部門の商品担当がサポートし、効率的な配送を実現した。
 中野区や杉並区の飲食店への配送を担当する入社2年目、営業本部のセールスドライバー中村さんは、休みが取りやすくなったと喜ぶ。
 「残業はほとんどありませんし、有給休暇も希望通り取得でき、プライベートも充実しています」
 このように、IT化や社内の協力体制を強化することで、全ての職種が快適に働ける環境を目指しているという。

body2-1.jpg野球やサッカーなどのサークル活動もあり社内交流も活発。中村さんもサークルに参加して、他部署のメンバーと積極的に交流している

勉強会や試食会への参加で、 商品知識を高め続ける

 新入社員を積極的に採用する同社では、研修にも力を入れている。マナーや仕事の基礎を学ぶ102時間の座学に参加した後は、300時間掛けて主要部署を回りながら仕事の流れを学んでいく。
 配属後も、各種研修や勉強会に参加する機会が多いという。顧客の信頼を得るには、商品提案力が鍵になる。そうした能力を身に付けるためには幅広い商品知識が不可欠と、週に2~3回のペースでメーカー主催の勉強会・試食会などを開催している。
 「新しい商品が、自分の担当するどのお客様の業態やニーズにマッチするかを考え、勉強会に参加しています」と語るのは、入社6年目、営業本部の柳主任。
 さらに同社では、外部研修も受講できる環境を整え、社員のビジネススキルの向上もサポートしているという。
 「外部研修でコミュニケーションの取り方などを学び、より丁寧なお客様対応ができるようになりました」と話す柳主任。各地域に提携先を広げていくことで、いずれは全国の飲食店をサポートしていきたいと目を輝かせる。

body3-1.jpg新入社員研修をはじめとした社内研修も充実。先輩が後輩を教えるなど学び合うスタイルで知識を深めている

代表からメッセージ

誠実さと素直さを強みに成長していこう

 当社は「お客様信頼度 業界No.1の企業になる」という企業ビジョンを掲げています。このビジョンを実現するには、お客様に対して誠実かつ素直に向き合うことが大切だと考えています。誠実さや素直さは、一緒に働く同僚と良い協力関係を築く上で不可欠な要素でもあります。また、当社では、業務の効率化に取り組んでいます。皆で協力してより働きやすい職場にするために、積極的に提案し、周りに働き掛けられるような仲間を待っています。一緒にコロナ禍で苦戦している飲食店を支援していきましょう。

edit-1.jpg「お客様と共に成長できる事業を目指しています!」村野代表edit-2.jpg社屋には自社倉庫が併設され、ここから毎日、多くの飲食店に商品が届けられている
  • 社名:協和物産株式会社
  • 設立年・創業年:設立年 1972年4月
  • 資本金:6,000万円
  • 代表者名:代表取締役 村野 隆一
  • 従業員数:118名(内、女性従業員数22名)
  • 所在地:135-0062 東京都江東区東雲2-5-12
  • TEL:03-3527-7011
  • URL:https://web-kyowabussan.com

この企業もオススメ!

株式会社丸芝選べる研修制度で社員の成長を後押しし、工業用電機製品で産業を支える老舗商社
株式会社こども体育研究所互いをサポートし合う職場環境の中、体育指導のプロとして子どもの成長を支援
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
トーキョー・シゴト・ワゴン 江戸っ子1号プロジェクト クールトーキョー 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール 東京カイシャハッケンツアー わんポイント用語解説 東京都産業労働局からのお知らせ モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。