<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

多摩地区
株式会社東邦製作所

株式会社東邦製作所 自動制御技術の蓄積と働きやすい環境で社会の発展を支える

株式会社東邦製作所

自動制御技術の蓄積と働きやすい環境で社会の発展を支える

toho
東京カイシャハッケン伝!企業
多摩地区

株式会社東邦製作所

自動制御技術の蓄積と働きやすい環境で社会の発展を支える

main_toho

自動制御技術の蓄積と働きやすい環境で社会の発展を支える

ビルの空調をコントロールするバルブなどの装置を作り続けてまもなく1世紀になる東邦製作所。顧客のニーズに応え、少量多品種の製品を作り続けてきた。信頼を得るための品質へのこだわりに加え、働きやすい制度を整え、より一層の会社の発展と社員の成長を目指す。

インフラを支える装置群で信頼と実績を積み重ねる

 東邦製作所は1923年創業のものづくり企業。高速道路のトンネルやビルの空調をコントロールするバルブ、火力発電所のバーナーに点火する長さ数メートルに及ぶトーチ、発電機用エンジンなどの回転数をコントロールする調速機など、ニッチだがインフラ構築に不可欠な装置を、少量多品種をモットーに設計・開発・製造。社会の発展を支えている。
 「96年という長きにわたって積み重ねてきた実績が、当社の最大の強み。同様の製品はたくさんありますが、多くの企業が当社に任せてくれます。顧客は全て大企業で、安定した収益が上げられているのも、大正、昭和、平成、令和と当社が続いてこられた理由でしょう」
と水上取締役。
 その信頼に応えられるだけの技術力を同社は持っている。トンネルの空調は、ひとたび故障すれば大災害にもつながりかねない。その万が一を発生させないよう、設計や開発はもちろん、調達から製造、検査に至るまで、全社員が高いプロ意識を持って、仕事に携わっている。
 「30年前と同じ製品が欲しいというお客様がいらしたのですが、当時とは環境基準が異なります。たとえ在庫があっても、同じものを提供するわけにはいきません。素材や形状をとことん工夫して、同じ性能で同じ場所に収まりつつ、現在の環境基準に対応する製品を提供しました。こういう工夫ができるのは楽しいです」と燃焼設計課、4年目の市川さんは語る。

body1-1.jpg「築きあげた信頼を、次の世代にも引き継いでいきたい」と水上取締役

社員を育てる環境が製品の品質を支える

 同社の技術力の背景には、社員を育てる仕組みがある。例えば個々の能力を伸ばすためスキルマップを作成し教育計画を立てている。
 更に教え合う文化があると語るのは、機器設計課、4年目の山﨑さん。
 「会社によっては、設計と製造現場がまったく別の場所で行われているところもありますが、当社は階下に下りれば、組み立てをしていますし、その隣で品質検査も行っています。それぞれの部署の方から『この形状だと、以前にお客様のところで問題になったことがある』とか、『この設計だと、製造にコストがかかる』といったアドバイスをもらうことも多くて、すぐに図面に反映することができます。場合によってはお客様先への打ち合わせにも同行することもあります。この一体感があればこそ、仕事もしやすいですし、風通しの良さが良いものづくりにもつながっていると思います」
 更に、技術力向上に役立てるため、全社員に品質管理の基本を理解することを目的とした品質管理検定(QC検定)4級を取得する方針を打ち出した。品質検査部門は当然取得しておくべき資格だが、設計や製造、管理部門の社員に至るまで取得するという。全社員が高品質、信頼確保という同じゴールを目指してスクラムを組んで成長している。

body2-1.jpg新しい製品を設計するたびに、知識を深めていけると口をそろえる市川さん(左)と山﨑さん(右)

残業対策や休暇制度も充実社長自ら子育てママを応援

 製造業の会社を数社経験し、同社へ中途入社した生産課、13年目の髙橋さんは、残業が少ないことに驚いたという。
 「納期が迫ると夜も昼もないというのが、それまでの私の常識でした。ところがここに来てからはほとんど残業がありません。写真入りマニュアルを作り、誰もが仕事を理解できるようにしたり、生産計画課が工程をしっかり管理してくれているからです」という。
 事実、同社の月平均残業時間は5時間と短い。その分、疲れをしっかりと癒し、次の日も集中して働けるという好循環が生まれている。
 各種休暇制度も充実している。有給休暇は最大20日間あり、その取得率も高いという。もちろん産前産後休業・育児休業も活用されている。現在3人の子育てをしながら働くワーキングママの冨澤さんは、産前産後休業・育児休業を取得し、復帰してはまた産前産後休業に入ることが、足掛け7年にわたったと笑みをこぼす。
 「他社では出産を機に離職してしまう方もいると聞きますが、社長は『子どもはあっという間に大きくなるから』と、周りにもサポートを呼びかけてくれました。おかげでたいへんな時期を乗り越えることができました」
 確かな技術力を共有し、切磋琢磨しながら、新たな技術にチャレンジできる環境で社員はより一層成長していく。

body3-1.jpg冨澤さんは担当製品を持ち、検査業務を行っている

ここがポイント!働くやりがい!

ニッチなものづくり企業だからこそ得られる充実感


 「お客様からのオーダーは、その都度違い同じものは2つとありません。毎回頭を悩ませますが、だからこそ知識も増えて、自分が成長していることを実感できます」(市川さん)、「一つの製品分野でも工夫のしがいが無限にあって、作るたびに専門性を高めていけます。それがこの会社の魅力です」(山﨑さん)とそれぞれが情熱を傾けて仕事に打ち込める職場環境だと言う。専門性の高い分野で信頼を積み重ねた同社だからこそ得られるやりがいだろう。

edit-1.jpg髙橋さんは、通常業務とともに写真入りマニュアル作成も担当

この企業もオススメ!

北川電機株式会社高性能トランスの開発で業界をリード。100年企業を目指して若手育成を進める
宮本警報器株式会社働きやすい職場環境と、伝統・技術で 自動車業界を支え続ける
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
bnr_1 bnr_1 bnr_1 bnr_4 bnr_5 東京都産業労働局からのお知らせ
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。