<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

専修大学連携回

1社目 株式会社テイルウィンドシステム/15名参加

 1社目に訪問するのは、ITシステムの構築を手がける情報通信企業のテイルウィンドシステム。「社員は皆家族」を合言葉に、人と人とのコミュニケーションを大切にしている会社で、「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」に選定されています。年に数回、全社員とそのご家族を招待してのイベントを実施し、好評を博しているとか。今回は、そんなテイルウィンドスステムを訪問し、職場見学、若手社員との交流会を実施しました。

職場を見学する、学生たち

ツアー内容

会社説明と職場見学
 「テイルウィンドシステムは、今年で創業15期目の会社です。当社は、IT系では珍しく体育会系で、やる気重視で採用をし、未経験者も多数採用しているため、第1期には7名しかいなかった社員も、昨年の14期には172名に増えています」と説明してくれたのは、吉澤専務。まず入社にあたって大事なのはコミュニケーション力ということで、それ以外の専門的なことは、入社後の社内教育と現場でのOJTで学ぶのだそうです。
 入社後の新入社員育成で重要な役割を果たすのが、「ブラシス制度」と呼んでいる、ブラザー・シスター制度。これは、新入社員1人に専属の先輩社員が1年間継続して付き、お兄さん・お姉さんのように、社内での過ごし方から社会人としての悩み、もちろん仕事の専門的なことまで責任を持って教えてくれるという制度。この制度を導入して、新入社員の定着率も向上したということです。

 会社説明では、イベントの多さも特徴として取り上げられました。お花見やBBQ、社員旅行(年2回)、運動会、クリスマスパーティーなど、2か月に1回開催されるイベントは、社員同士の大切な交流の場になっているとか。家族ぐるみで参加する社員も多く、社員の子どもの顔まで自然と浮かぶような関係が醸成されるそうです。また、若手社員の中には、このイベントが楽しみで日々の仕事を頑張るという人も少なくないとのこと。
 説明の後には、オフィスを案内していただきました。壁には「個人を尊重し、個人と会社の目標を一致する」、「人と人とのコミュニケーションを取り、社会に貢献する」、「個人の能力を育み、常に時代をリードする」という社訓が掲げられ、その下で集中して仕事をしている社員の皆さんの真剣な表情が印象的でした。

  • 吉澤専務の会社説明に耳を傾ける学生
  • 社訓が張り出されたオフィスで働く社員の皆さん

交流会
 交流会には、開発系、ネットワーク系、ヘルプデスク系の若手社員6名に参加していただきました。若手社員から自己紹介と、日頃の仕事の様子について説明があった後、学生たちから「ブラシス制度について詳しく教えてください」、「これまでで1番辛かった経験は何ですか?」、「やりがいを感じるのはどんな時ですか?」など様々な質問が飛び交いました。それに対し、若手社員は「会社に入ると誰でも最初は不安です。それを解消してくれるのがブラシス制度」、「辛かったことはない。社員旅行で海に行って、バナナボートにうまく乗れなかったのが辛かった(笑)。強いて挙げればそのくらいで、とても楽しい会社です」、「やりがいを感じるのは、お客様に“ありがとう”と言っていただいたとき」と、明るく答えてくれました。

学生の声

 訪問を終えた学生からは「社員同士の距離が近い感じがした」、「自分は文系なのでIT系には向いていないと思っていたが、受け入れてくれる企業があると知ることができてよかった」、「専門知識を持っていないと働くことができないと思っていたが、入社後の学習によって活躍できると知って、IT企業を身近に感じることができた」といった意見が寄せられました。また、ブラシス制度が良いと思った、部活が楽しそうだったという感想も多くありました。

  • 交流会では学生が若手社員に次々質問
  • 真摯に回答してくれた若手社員の方々

2社目 株式会社金羊社/15名参加

 ツアーの2社目は、音楽、映像、ゲームのパッケージ印刷でトップシェアを誇る印刷会社の金羊社です。ゲームや音楽が好きな学生も多く、金羊社で若手社員がどのように活躍しているのか、興味津々といった様子で訪問しました。

ウェルカム・ボードの出迎え

ツアー内容

会社概要の説明、社内見学、工場見学、若手との交流会
 「水と空気以外には、何でも印刷ができます。私たちが印刷の技術を使ってどんなことをしているのか、今日はぜひ現場の生の声を聞いていってください」という役員の挨拶に続いて、参加者はエントランスに移動。そこに並ぶ著名なアーティストのCDやDVDのジャケット、ゲームのパッケージに、学生たちは目を輝かせました。
 御殿場、宇都宮、大口に工場を持つ同社ですが、この日は本社の工場も見せていただきました。デジタル印刷機や大型UVインクジェットプリンタなど、最新の設備を見学し、その迫力に学生たちは圧倒されている様子。特に試作品の作成などに使うマルチカッティングマシンが猛烈なスピードで複雑な形状の型を抜いていく様子は圧巻でした。

 続いては、若手社員との交流会です。人事、制作、管理部総務、営業などから8人の若手社員に参加していただきました。世界的に有名なレコード・ジャケットが並ぶ部屋で(残念ながら、撮影禁止です!)、若手社員の皆さんと向き合うと、クリエイティブな会社に訪問しているという実感が湧いてきます。
 参加者からは、「この仕事の魅力は?」、「一口に営業といっても、実際にはどんなことをしているのですか?」といった質問が飛びます。これに対し、「もちろん人には見せられませんが、発売前のパッケージを見ることができるのが魅力」、「自分の意見を、デザイナーを通してパッケージに反映させて、それが世に出ることもある」、「営業は、基本的には既存顧客のところに赴くルート営業。この仕事は納期が厳しいのが辛いところですが、それでも自分が興味のあるゲームや音楽に関われるのが嬉しいところです」など、やりがいや楽しさを教えくれました。

  • 金羊社が手がけた作品を見学
  • 仕事の喜びを語る若手社員

社長のお話とパッケージ制作体験
 若手社員との交流の途中で、突然のサプライズ! 時間を作ってかけつけてくれた浅野社長が、参加者に直接メッセージをくれたのです。「皆さんが就職先を探す際に、良い会社を見極める方法があります。それは、その会社の採用ページにどれだけ多くの社員の顔が載っているか。お金のために働く、自分のやりたいことを仕事にする、どれも大事です。でも本当に大事なのは“誰と働くか”。人生の多くの時間を共に過ごす“仲間”の顔がちゃんと見える会社を選ぶと、間違いないと思います。離職が多い会社、自信がない会社は、社員の顔を出せませんから」。とても有益なメッセージをいただきました。

 会社訪問の最後は、ペンケースのパッケージ制作体験です。参加者全員に組み箱の展開図が配られ、用紙を折っていきます。ちょっとコツが必要な部分もありましたが、社員のアドバイスによって全員がクリア! 出来上がったペンケースは、プレゼントしていただきました。
 最後は、キャリアサポート・グループの担当者の「短時間ではありましたが、金羊社の空気を感じていただけましたか? 印刷のことを全く知らないまま入社しても、ここでは活躍できます! いつの日か、またお目にかかりましょう」という挨拶で、訪問を終えました。

学生の声

 ツアーを終えた参加者からは「自分が関わった商品が店頭に並ぶのは嬉しいと思う。私もそういう経験をしてみたい」、「若手社員の方々が、仕事にやりがいを感じている様子が伝わってきた」、「いろいろな学部出身の方がいて驚いた」といった声が挙がりました。
 また、2社を訪問したことで中小企業に対するイメージも変わったようです。「中小企業の魅力は、規模が小さいからこそ、社長と社員の距離が近かったり、社員同士の仲が良いことがわかった」、「人数が少ないからこそ、一人一人が輝けるのだとわかった」と新たな気付きがありました。

  • 参加者全員、ペンケース作りに夢中!
  • 最後に社員の皆さんと記念写真を撮影!

まとめ

 1社目のテイルウィンドシステムでは、ビデオ上映と共に会社概要のご説明や、社内の忘年会やBBQ大会など様々なイベントの様子を拝見しました。IT業界というと「経験者じゃないと・・・」という印象が強かったようですが、座談会では、「未経験で入社した」「前職は全く別の職種で働いていたのでITは初めて」という社員の方が意外と多く、難しそうに感じるIT業界も「自分にもできるのでは」と、少し身近に感じることができたようです。
 2社目の金羊社では普段目にする機会の多いCDなどの印刷の現場を見学しました。「好きな事を仕事にできているので楽しい」という社員の方の声を多く聞くことができ、これから就職活動を迎える学生にとって、自分の好きなことや興味を持っていることについて、改めて考えるきっかけにもなったかと思います。
 1日で異なる業種の2社を見学したことで視野が広まり、就職活動のイメージができたようでした。また、1日一緒に行動したことで、徐々に学生同士の距離も縮まり、帰りのバスはとても賑やかでした。

昨年(平成30年度)実施企業一覧

CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ 東京カイシャハッケンツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。