<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TORIKUMI REPORT東京カイシャハッケンツアーレポート

見て聞いて、感じることで「真」の姿見えてくる!東京カイシャハッケンツアーレポート

技術力や発想力を持つ魅力的な中小企業と出会う
東京カイシャハッケンツアー

 2021年11月25日、2年ぶりに「東京カイシャハッケンツアー」が開催されました。これは、11月24日~26日に東京ビッグサイトで開催された、国内最大級のトレードショー「産業交流展2021」に合わせて実施されたもので、展示会に出展している中小企業のブースを訪問するというものです。
 キャリアカウンセラーと一緒に、1グループ3名~5名程度の参加者が3社の企業を訪問し、企業の担当者の説明に真剣に耳を傾けました。就職活動中に行われる企業説明会とは違い、ビジネスの現場で中小企業の方々の話を聞き、質問をする貴重な体験をする機会となりました。

キャリアカウンセラーとともに、会場へ向かう参加者たち

各企業が取り組む事業内容や独自の姿勢を知る

 たくさんのグループがツアーに向かう中、一つのグループに同行しました。産業交流展は、「情報」「環境」「医療・福祉」「機械・金属」の4つの分野を中心にたくさんの企業が出展しています。その中で最初に訪問したのは、「機械・金属」分野のネクシィーズグループです。同社は、ビジネスをするために必要となる業務用設備やオフィスに必要な用品などを、初期費用をかけずに導入できるサービスを展開する企業で、商社と金融の機能を持った企業です。

 少人数ツアーで企業の担当者との距離も近く、気軽に質問できることがこのツアーの魅力の一つです。「提供する設備はどうやって選ぶのですか」という参加者の質問に「マーケットや商材にこだわらず、お客様の要望を聞き、最適なものを提供していきます」と回答いただきました。また、別の参加者から「頂いたパンフレットには携帯電話もありますが、ブースの展示にはないようです。なぜでしょうか」と質問があり、「みなさんは知らないかもしれませんが、昔は携帯電話の費用は非常に高く、社員全員にも持たせるのは大変でした。そんな時代に初期費用ゼロで導入できる仕組みを作ってサービスを展開しました。今はほとんどの人が持つ時代ですので、このサービスは行っていません。そうした時代に即したサービス展開をしているのも当社の強みです」と回答いただきました。

 次に訪問したのは、「機械・金属」分野の理工電気です。電子部品加工や精密切削部品加工、全自動機器の設計・生産を行う同社は、高度で確かな技術で顧客の課題を解決しています。参加者からの「僕は理系なのですが、勤務地はどこでしょうか」という質問に、「生産関連の業務は宮城になりますが、設計やプログラミングなどの分野は東京にあります。また、来年には名古屋営業所も開設予定です」と回答いただき、質問した参加者も頷きながら聞いていました。

 最後に訪問したのは、「情報」分野の発明屋です。さまざまなアイデアを形にして、特許を取ったり商標登録をしたりして世の中に提供していく、まさに社名どおりの事業を展開しています。ブースにはスマートフォンの音を響かせるための「BACKBOARD」という商品があり、参加者から「アイデアはどこから生まれるのですか」と質問がありました。「アイデアは全て頭の中にあります。だから机や機械などはいらないし、どこに居ても思いつくことができます。小さな企業ですが、楽しく働ける会社です。これからの時代、会社を規模だけを見るのではなく、いろいろな視点を持つべきではないでしょうか」とアドバイスをいただきました。

ブースの説明ボードを見ながら説明を聞き、理解を深める参加者たち 々 企業の方との距離が近く、疑問に思ったことを質問する参加者たち 実際の製品を見たり、触ったりすることで技術を実感 代表のアイデアを形にする話に聞き入る参加者たち

特別講演で仕事をする意味や意義を学ぶ

 東京カイシャハッケンツアーと同時に特別講演も開催されました。今回の講師はクリエイティブディレクターの辻愛沙子さん。「思想と社会性のある事業づくり」、「世界観に拘る作品づくり」をテーマに、自身が手掛けた企画や作品を通して若者にメッセージをいただきました。
 「商品企画やブランドプロデュースをするには、課題は何か、お客様が何を一番大切にしているかをしっかりと把握することが大事」「お客様の視線に立って、お客様が求める世界観を表現していく」「企画力とは、視点と技術×実現力」「今は、いろいろな意味で将来への不安が多い。そんな時代だからこそ多様性が重要になってくる」といった話に、参加者全員が真剣に聞き入っていました。
 最後に、「自分の思いを実現させるには、私はこう思うという自分の視点を大事にすることが重要」「あなたなら何をこの世に中に届けますか」という言葉を若者たちに投げかけて講演は終了しました。 講演を通じて、就職活動を含めた将来に向けて、自分の考えをしっかりと持つことの大切さを学ぶことができました。

真剣に話を聞く参加者たちに語り掛ける辻愛沙子さん

東京カイシャハッケンツアー参加者の感想

・魅力的な中小企業がこんなにたくさんあることに驚いた
・見たことや聞いたことのない企業を知ることができた
・企業の担当の方に直接質問ができて参考になった
・就職先として視野になかった企業の魅力を知ることができた
・企業の事業や商品に対する思いや技術への自信を感じることができた
・実際に製品を見ることができ、ものづくりを肌で感じた
・企業の魅力は企業の大小とは関係ないと痛感した
・リモートではなく、リアルに見たり聞いたりできたことに感動した

特別講演参加者の感想

・クリエイティブの重要さが理解できた
・社会問題を解決する発想力を身に付けたい
・新しいビジネスには今までにない発想が必要だと感じた
・目標を持って、それを解決する実現力を養っていきたい
・多様性の重要性を改めて感じた
・個性を大切に就活に臨みたい

まとめ

 今回のツアーでは、事業内容や製品がまったく異なる3社を訪問。企業の説明を聞くことで、参加前は知らなかった業界に興味を持つきっかけになったようです。また、展示されている製品を見たり手にしたりすることで、製品理解を深める良い機会になりました。ツアー終了後は、キャリアカウンセラーと感想などの話をしながらアドバイスをもらうほか、個別カウンセリングの案内にも耳を傾け、就職活動に向けての意欲を再確認していました。就職活動中の学生はもちろん、これから就職活動を始める参加者にも、収穫の多い1日になったようでした。

東京カイシャハッケンツアームービー close
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
トーキョー・シゴト・ワゴン 江戸っ子1号プロジェクト クールトーキョー 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール 東京カイシャハッケンツアー わんポイント用語解説 東京都産業労働局からのお知らせ モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。