<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

多摩地区
株式会社IPT

株式会社IPT 誰もが働きやすい環境の中、最先端のソフトウェア開発で社会に貢献

株式会社IPT

誰もが働きやすい環境の中、最先端のソフトウェア開発で社会に貢献

ipt
東京カイシャハッケン伝!企業
多摩地区

株式会社IPT

誰もが働きやすい環境の中、最先端のソフトウェア開発で社会に貢献

main_ipt

誰もが働きやすい環境の中、最先端のソフトウェア開発で社会に貢献

<3つの特徴>

●未来の社会を支えるソフトウェアを開発
●社員の状況に応じた働き方ができる環境
●充実した研修とOJTでスキルを磨く

最新のソフトウェア開発に携わる事業を展開

 2015年に設立されたIPTは、世界最大手のIT企業が販売するグループウェア(業務効率化ツール)の導入支援と、組み込みソフトウェアの開発という2本柱で事業を展開するベンチャー企業。
 グループウェアの導入支援は、社員間の情報共有や業務の効率化を図る大手企業を対象に、各社のニーズに合わせたシステムをカスタマイズしている。一方、組み込みソフトウェアの開発では、自動運転のための車載ソフトウェアや、5Gの通信基地局で使用するソフトウェア開発などを行っている。
 どちらも高度な技術に関わるため、同業他社で活躍していたエンジニアが転職してくるケースも多いという。
 「社員が、さらにやりがいを持って働けるように、先端技術を用いて社会貢献できる分野にも進出したいと思っています。具体的には、人命救助に関わるアプリケーションや、障がいをお持ちの方をサポートできるシステムの開発を目指しています」(渡邊代表)
 「感動の先に未来がある」という同社の経営理念。幅広いソフトウェア開発を通して、豊かな未来づくりに臨んでいる。
 同社は今後、自社製品の開発を視野に入れ、社会貢献にも取り組んでいくという。その原点は「困っている人を助けたいという思いにあります」と語る渡邊代表。
 具体的な例を挙げると、社会問題にもなっている救急車不足を解決するために、カーナビゲーションを利用したシステムを開発中。また、手が動かない、あるいは音が聞こえないといった障がいを持つ人が意思を伝えるためのサポート機器の開発を模索中という。
 「ソフトウェアは社会や人々の暮らしをより良くするために不可欠なツールだと思います。私たちが持つ技術を最大限に生かして、大手企業が手を付けにくいニッチな市場で、様々な人々のお役に立ちたいと考えています」(渡邊代表)

body1-1.jpg「Ideal Proposal Technology」と命名された社名。「我々の手で未来を創り出す」という信念で設⽴された

経営者と直接相談しながら働き方を決められる

 同社の魅力は、高い技術のシステム開発に従事できるだけではない。「人を大切にする」という方針も、優秀な人材が集まる大きな要因となっている。
 それを象徴するのが、社員の事情に合わせた働き方ができる環境。新型コロナウイルス感染症対策で、多くの企業がテレワークを実施し始めたが、同社では、設立翌年の2016年からテレワーク制度を導入しているという。
 さらに、社員が自分の働き方について気軽に相談できる風土があると話すのは、入社5年目、Investigation and Development Gr.で活躍するエンジニアの小倉さん。昨年、4カ月間の育児休業を取得した。
 「2人目の子どもが生まれるとき、妻に掛かる育児や家事の負担を心配していました。代表に相談したところ、育児休業の取得を快く勧めてくれました。子どもの成長を見ながら、家族が一緒の時間を過ごせたのはありがたかったですね」
 また、同社ではチーム制を導入して、メンバーが互いに協力しながら働くというスタイルを取っている。
 「お互いが助け合う社風が定着しているので、長期の休暇も取得しやすいです」(小倉さん)

body2-1.jpg「経営者と社員の距離が近く、対話を大切にする社風だからこそライフ・ワーク・バランスの充実が図れます」と小倉さん

人材育成に力を注ぎ 研修とOJTで社員を支援

 ソフトウェア開発に臨むエンジニアは、常に自身のスキル向上を図ることが求められる。同社では、「人材こそが会社の最大の財産」という考えのもと、人材育成制度も充実させている。
 「入社後の研修では、プログラミング言語のJavaを身に付け、配属後はOJTでモバイルアプリなどの開発に使うJavaScriptやSwiftなどを覚えました。先輩方は優秀なエンジニアばかりですが、気軽に相談できて、スキルアップを図りやすい環境です」と語るのは、入社3年目、Investigation and Development Gr.の谷﨑さん。
 新卒で入社した谷﨑さんは、現在、制服を仮想試着できるアプリケーション開発などに携わる。経験を積み重ねることで、着実に成長の手応えを感じていると話す表情は明るい。

body3-1.jpg社内研修のみならず社外研修も会社負担で受講できるなど、社員の成長に力を注ぐ。谷﨑さんもそうした環境の中で自己研さんに努める

代表からメッセージ

主体的に取り組める人と働きたい


 ソフトウェア開発は一から新しい価値を創造する仕事です。それを形にするためには、受け身ではなく主体的に取り組む姿勢が求められます。具体的には、「自分で目的を明確にして、行動できる人」や「周囲を巻き込んで目標に向かっていける人」が適しているでしょう。当社の最大の強みは人材と考えていますから、社員が成長するための支援は惜しみません。社会に役立つソフトウェア開発に情熱を注いでみたいというチャレンジ精神旺盛な人にとって、絶好の条件が整うフィールドだと自負しています。

edit-1.jpg「挑戦の源は情熱です!」 渡邊代表edit-2.png社内イントラネットには、キャンプやグルメを楽しむサークル活動のコンテンツもある
  • 社名:株式会社IPT
  • 設立年・創業年:設立年 2015年11月
  • 資本金:1,000万円
  • 代表者名:代表取締役 渡邊 基
  • 従業員数:25名(内、女性従業員数1名)
  • 所在地:191-0031 東京都日野市高幡1005-8 Dignita801
  • TEL:042-506-5402
  • URL:https://ipt-plus.com
  • 採用情報:ホームページよりお問い合わせください

この企業もオススメ!

株式会社エム・テー・シー長所を伸ばす研修で若手技術者を育成し、医療系業務システムの開発を担う
株式会社デセオシステムズ自ら学ぶ姿勢とチーム力で技術を高め 顧客のシステム運用をサポートする
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。