<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

中央・城北地区
株式会社丸芝

株式会社丸芝 選べる研修制度で社員の成長を後押しし、工業用電機製品で産業を支える老舗商社

株式会社丸芝

選べる研修制度で社員の成長を後押しし、工業用電機製品で産業を支える老舗商社

marushiba
東京カイシャハッケン伝!企業
中央・城北地区

株式会社丸芝

選べる研修制度で社員の成長を後押しし、工業用電機製品で産業を支える老舗商社

main_marushiba

選べる研修制度で社員の成長を後押しし、 工業用電機製品で産業を支える老舗商社

<3つの特徴>

●大手電機メーカー一次代理店として顧客を支援
●外部セミナーなどの充実した研修でスキルアップ
●有給休暇を活用した大型連休の取得を奨励

発電機、制御機器、モーターなどの電機製品を扱う商社

 プラント設備や工作機械、建設機械の動力源となる発電機、制御機器、モーターなどの電機製品を取り扱う丸芝は、1924年創業の歴史を持つ商社。大手電機メーカーの一次代理店として実績を積んできた。
 同社には電機のエキスパートが多く在籍し、顧客ニーズに応じた最適な機器の選定から設置、試運転までフルサポートするとともに、顧客の仕様に応じたオーダーメイドにも対応する。
 さらに大手電機メーカーの一次代理店として、在庫管理システムに直接アクセスできるため、製品を広範囲かつタイムリーに供給できる商品調達力に定評があるという。
 「『お客様の望むものを、望む時に、望む価格でお納めする』というのが経営理念です。当社が扱う製品は一般人の目には触れませんが、産業や社会に不可欠な機械ばかり。何十年と安定して使っていただけるよう、トータルにサポートしています」と松岡代表は胸を張る。
 また、今後の展望について松岡営業本部長は、「工場設備の自動化が進み、生産工程の自動化を図る制御機器や、IoT技術の活用を求めるお客様が増えています。今後は、大手電機メーカーの製品に限らず、お客様のニーズに応じて新たな商材を増やしていく方針です」と話す。
 同社では、長い付き合いの取引先が多く、顧客の工場増設や合併、取引先からの紹介などを受けて新規の依頼に対応してきた。その一つひとつに誠実に向き合いながら、堅実に経営基盤を固めてきたという。
 また、同社は、商社として培った専門知識を生かして、上下水道や河川管理などの公共設備に使われる制御盤の製造を手掛けるメーカーとしての顔も併せ持つ。モーターの力量や使い方に合わせて、制御盤の設計から組立、試運転まで一貫して担い、さらにメンテナンスまでも請け負っている。
 「モーターを買ってもらうだけでなく、どのように動かしたいのかなど、お客様が望むものを具現化できるような総合商社を目指します」と、松岡代表は自社の強みを語る。

body1-1.jpg本社1階の壁面には、1924年創業時からの会社の歩みを掲示。2024年には100周年を迎える

外部研修で刺激を受け、社内では技術を丁寧に継承

 「社外の研修やセミナーを受講することで、良い刺激を得られ、視野が広がります」
 松岡代表が説明するように、同社では年間1,700本から選んでビジネススキルを学べる外部セミナーや、製品知識や最新技術を身に付ける大手電機メーカー主催の研修を取り入れている。
 入社2年目、営業部で事務を務める上野さんは、外部セミナーで営業事務の基礎を学び、先輩が作ったオリジナル教材で実務を覚えていったという。
 「テスト形式で先輩のチェックを受けながら、製品の知識や注文の仕方などを身に付けました。さらに外部セミナーを利用して電話応対やクレーム対応などの研修を受講し、現在は仕入れ先との納期調整も担えるくらいスキルアップできました」
 入社5年目、制御グループの加藤課長は、メーカー研修に参加してロボットに組み込むソフトウェアについて理解を深めたという。
 「実務ではまだ活用できていませんが、新しい技術を知ることで刺激になりました」

body2-1.jpg面接時の和やかな雰囲気に引かれ、入社を決めた上野さん。入社当初は電話応対に不慣れだったものの、研修で基礎から学べたという

代表自らが社員の働き方を確認 定時退社、有給休暇取得を奨励

 同社では松岡代表自らが全社員のタイムカードをチェックし、定刻退社を推奨している。残業が続いている社員がいれば、所属長と相談の上、仕事量の調整を行っている。そのため、毎週水曜のノー残業デー以外にも、定時退社する社員が多いという。
 また、有給休暇の取得推進として、夏季特別休暇、有給休暇と土日を合わせて9連休の取得を奨励。入社3年目以降には、入社月を記念月と定め、有給休暇を利用した9連休のアニバーサリー休暇の取得を推奨している。
 上野さんは「残業が少ないので、仕事帰りには友達と食事を楽しめます。連休も取りやすいので、実家に帰省するなどしてリフレッシュしています」と笑顔で語る。

body3-1.jpg5年ごとの周年記念旅行ではパラオ、ボルネオ、ケアンズなどの観光先で社員のリフレッシュを図ってきた

本部長からメッセージ

まずは自分のために行動し、挑戦を楽しもう

 会社のために「何が」できるだろうと考える前に、まずは自分のために「何を」するかを考えることが重要だと思います。目標は、個を高めるために経験を積み、ほかには無い能力を身に付けた結果、世のため人のためとなり活躍するトップアスリートのような人。そんな人材を育むため、当社では、個を高め合える体制を作り、会社全体の士気を上げ、トップダウンとボトムアップの両立が図れる企業を目指しています。このような環境で自分のために何事にも挑戦したいという人と共に、会社を成長させていきたいと考えます。

edit-1.jpg「めりはりの利いた働き方を実践中です!」松岡代表edit-2.jpg美しくリニューアルされた本社のエントランス。家族や友人に自慢できる会社づくりを目指し、他拠点も順次リニューアルを行った
  • 社名:株式会社丸芝
  • 設立年・創業年:設立年 1949年12月
  • 資本金:4,000万円
  • 代表者名:代表取締役 松岡 敬子
  • 従業員数:43名(内、女性従業員数10名)
  • 所在地:113-0034 東京都文京区湯島3-21-16
  • TEL:03-3834-1011
  • URL:http://www.marushiba.co.jp
  • 採用情報:こちらからご確認ください。

この企業もオススメ!

森宮電機株式会社電気部品の専門商社として顧客の信頼を獲得。働きやすい環境づくりで女性社員も活躍
株式会社モニカ地域に愛される保育園を目指し、ゆとりある人員配置で快適な働き方を実現
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。