<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

城東地区
株式会社松田自動車整備工場

株式会社松田自動車整備工場 プライベート重視の働き方を大切に、未経験から「車のかかりつけ医」を育成

株式会社松田自動車整備工場

プライベート重視の働き方を大切に、未経験から「車のかかりつけ医」を育成

matsuda-motors
東京カイシャハッケン伝!企業
城東地区

株式会社松田自動車整備工場

プライベート重視の働き方を大切に、未経験から「車のかかりつけ医」を育成

main_matsuda-motors

プライベート重視の働き方を大切に、未経験から「車のかかりつけ医」を育成

<3つの特徴>

●事業内容:自動車整備の技術力と顧客志向で信頼を得る
●働く環境:社員の事情に合わせた柔軟な働き方が可能
●育成制度:車の知識ゼロでも先輩からしっかり学べる

独立系の整備工場ならではの徹底した顧客志向を貫く

 1956年の設立以来、墨田区を中心に地域密着型の自動車整備工場として歩んできた松田自動車整備工場。「車のかかりつけ医」をスローガンとして掲げている。
 「病院に例えると『内科』として自動車の整備・点検、『外科』として鈑金塗装、さらには、コーティング、自動車販売まで、多様なニーズにお応えしています」と松田社長は語る。
 同社の整備事業、鈑金塗装事業ではそれぞれが公的機関や保険会社などの指定工場として認定を受けており、強みの一つになっているという。
 「車両整備と鈑金塗装は全く異なる専門性が求められますが、当社は両方の技術を持ち合わせています」(松田社長)
 その技術力とともに同社の強みとなっているのが、徹底した顧客志向。修理後には同じような故障が発生しないよう、運転の仕方などをアドバイスすることもあるという。車の修理だけにとどまらず、顧客のカーライフにまで踏み込んだ親身な提案が、信頼関係の構築につながっている。
 また同社はメーカー系列ではなく独立系であるため、国内外を問わずあらゆるメーカーの車を取り扱うことができる。
 「自動車の走る・曲がる・止まるといった普遍的な技術はもちろん、電動化・自動化に向けた各メーカーの最新技術にも触れられます。その蓄積が当社の高い技術力となって、さらにお客様からの信頼に結び付いているのだと考えます」(松田社長)
 また、地域密着という点でユニークなのが、近隣の異業種企業と協力して研修や勉強会を行っていること。周辺地域の中小企業の経営者仲間が自主的に行っているもので、ものづくりに強みを持つ企業ならでは取組といえる。
 「地域ぐるみで若者を育てようという、下町らしい面倒見の良さが表れています」(松田社長)
 新人にとって同期の仲間が少ない場合でも、この取組のおかげで、他社の新人と知り合い、仲間になることができる。業種の垣根を越えて若手が切磋琢磨することにもつながっているという。
 松田社長は「こうした地域ぐるみの活動でも、当社がリーダーシップを発揮していきたいです」と語る。

body1-1.jpg残業せずにすむよう、常に作業の効率化を意識し、相談し合っている。その積み重ねが働きやすさにつながる

個々のライフイベントに合わせた柔軟な働き方に対応

 ライフ・ワーク・バランスに対して松田社長は「一人ひとりの事情を柔軟に受け止め、一緒にベストな環境を考えること」と、その基本姿勢を語る。
 例えば、夏休み期間中などに子どもの面倒を見る人が誰も家にいない、一人にしておけないと社員から相談されたら、会社に連れてきてはどうかと子連れ出社を勧める。飛び石連休には、有給休暇を組み合わせて連続休暇を取得することも推奨している。
 「しっかりと休め、有給休暇も十分に取れます。趣味がゆっくり楽しめるし、家族も喜んでいます」と、入社3年目の尾花副工場長は笑顔を見せる。
 制度を整えるとともに、どのような働き方なら生活と仕事の両方を充実させられるか、社員と一緒になって考えることを大切にしているという松田社長。こうした姿勢は、父親である先代の社長の姿に学んだという。

body2-1.jpg「流れ作業ではなく1台ごとに心を込めて接しています」と尾花副工場長。入社3年目ながら責任ある立場で活躍

自動車整備士をはじめ 必要な資格の取得は全面的にサポート

 同社には車好きな社員ばかりが在籍している訳ではないという。「車には興味はないけれど、充実した職場環境で働きたいからと入社した社員もいます」と松田社長。車の知識がほとんどなくても先輩社員がマンツーマンで丁寧に指導するため、全く問題はない。
 「同じ質問を繰り返しても怒られることはありません。いつでも気軽に質問できました」と入社3年目、鈑金塗装担当の三芳さんは入社当時を振り返る。
 もちろん社員の資格取得も全面的にバックアップしている。取得費用は会社が負担し、取得後は資格手当が支給される。
 「平日の講習会も出勤扱いで受講し、自動車検査員の資格を取得しました」(尾花副工場長)
 技術を大切にする同社の姿勢は、人材育成にも反映されている。

body3-1.jpg「資格取得を全面的に応援してもらえるのが嬉しい」と三芳さん。できるだけ多くの資格を取得することが目標

当社の自己PR

 残業がほとんどなく、プライベートの時間がしっかり取れるので、地元の仲間とも心置きなく遊べるのが嬉しいです。実は私は徒歩5分の実家から通っているため、昼休みの1時間でお昼ご飯は家に帰って食べています。自由度が高いのも、社員それぞれの働き方を尊重してくれる当社ならではだと思います。(三芳さん)

edit-1.jpg「工具の名前を覚えるところから始めましょう」松田社長edit-2.jpg本社オフィス。何かトラブルが発生したら全員で対応するチームワークの良さが自慢
  • 社名:株式会社松田自動車整備工場
  • 設立年・創業年:設立年 1956年8月
  • 資本金:1,000万円
  • 代表者名:代表取締役社長 松田 翔
  • 従業員数:15名(内、女性従業員数2名)
  • 所在地:131-0044 東京都墨田区文花2-14-7
  • TEL:03-3617-4211
  • URL:https://matsuda-motors.com
  • 採用情報:こちらからご確認ください。

この企業もオススメ!

社会福祉法人足立邦栄会オンラインで各拠点職員の交流を強化。研修制度と現場での深い学びで成長できる
安藤物産株式会社アットホームな環境で着実に成長できる、セメント・生コンクリートの専門商社
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
トーキョー・シゴト・ワゴン 江戸っ子1号プロジェクト クールトーキョー 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール 東京カイシャハッケンツアー わんポイント用語解説 東京都産業労働局からのお知らせ モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。